催眠療法について基礎から知っておきたいこと

催眠療法と呼ばれる治療法をご存知でしょうか。催眠療法はヒプノセラピーとも呼ばれていて、アメリカやイギリスなどでは有効な治療法として認められておりカウンセリングと同じように一般的に行われている最新の治療法です。現在、日本医師会での承認は行われていませんが、医師や看護師たちの間では臨床に取り入れるべく学ぶ人が増えています。催眠療法とは、潜在意識に働きかけ、問題点や思考パターンを探し出し問題解決をめざす精神療法です。普段の意識では受け入れがたい問題や、記憶の奥底に沈んだ記憶を呼び起こすため考え方や行動などをスムーズに良い方向に向かわせることが出来ます。催眠状態になっている時はアルファ波という脳波がでており深いリラックス状態を体験できます。テレビなどで行われている催眠ショーとは別物になり、医療行為としての催眠を行う医師の中には、ショーでの催眠を行わない人もいます。

催眠療法の心理的な効果と身体への影響

催眠療法には様々な効果があります。患者本人に自覚がある場合の症状でいえば、恐怖症の解消などがあります。恐怖症には高所恐怖症や先端恐怖症、閉所恐怖症など様々な種類がありますが、これに対する催眠療法として患者自身が気づいていない記憶から過去のトラウマなどを探し出し解決に向かう、等の方法が取られます。その他性格上の変化やうつ状態からの脱却を望む場合、ネガティブな思考の改善や自信の回復、自己理解を深める、などのアプローチがとられます。これらの心理的なアプローチにより身体に影響を与えることもできます。例えば、姿勢改善やダイエットなどです。これらの効果と心理的なものは関係が無いと思われがちですが、対人関係のトラブルの解消や自信回復などにより身体への影響は少なくあります。

催眠療法を受ける際の病院の選び方

テレビ番組などのイメージから催眠療法を受ければ、一度で気になる症状や悩みが解決すると思う方もいますが、催眠療法も他の診療と同様に複数回の通院が必要な場合が多いです。通院の回数は精神疾患があるかどうかや、疾患の種類、患者本人の精神状態など様々な影響により異なります。しかし、同じ深層心理に働き掛ける治療法である、カウンセリングに比べると催眠療法の方が効果は早く出ると言われています。これはカウンセリングが、通常の精神状態から徐々に深層心理に迫っていくのに対し、催眠療法では直に深層心理に辿り着くからです。そして、もちろん他の診療と同様にセカンドオピニオンを受けることや担当医を変えることも可能です。医師を選ぶ際に注意すべきことはしっかりと催眠療法について知識を持っているか、自分を過信している節は無いかというところです。これも他の診療同様に違和感がある場合は転院を考えましょう。