催眠術について詳しく解説していきます

今の現代はストレス社会と呼ばれて久しいですが、誰しもが何らかのストレスを抱えて日々を過ごしているのではないでしょう。このストレスを生む要因は人間関係や生活環境といった我々が日々、接していたり、また取り囲んでいたりするものから起因しています。このような外的要因から受ける影響から人間が備えている内面的な心理が対策を講じようとして思案する事で解決も試みるもなかなか、その糸口が見いだせなかったりする事で知らず知らずのうちに堂々巡りとなって自分自身に負荷をかけてしまう事は、いつ誰にでも起こりうる状況にもなります。そんな日常に対して人は趣味や食事といった自分が好きな事や趣味に向き合う時間を持つ事でいわゆる気分転換を図って心の天秤のバランスを取るようにしています。また最近は自分でのコントロールが難しい人の為に暗示をかけて考えを導く催眠に関する治療法も増えてきております。

ここ最近、巷で話題の催眠療法とは

催眠療法は今、ひそかに話題になっている最新心理療法の人の催眠状態を利用した治療法になります。アメリカなどではカウンセリングと同様によく利用されております。催眠療法はヒプノセラピーとも言い、催眠状態に誘導する手法を用いて人間心理の奥底にある潜在意識に問いかけてそこに意識を傾けていく心理療法になります。普段はなかなかノックする事が出来ない潜在意識の扉を開けてその中に眠る記憶からその時々の出来事や状況に対して必要な記憶を見つける事で解決や成長を導いていく心理療法です。人の意識は顕在と潜在に分かれており、顕在意識は普段、自覚している意識で意図的思考・行動を司り、潜在意識は自覚していない意識で領域では顕在意識のおよそ9倍とも言われ、顕在意識よりも強い力をもっています。例えば、無意識のうちに何かをしていた、というのはまさに潜在意識からくるものなのです。

ここ最近、話題になっている催眠療法

催眠状態は顕在と潜在の両意識が混在した状態を言います。顕在は日常で物事を判断する際に使用する意識ですから、催眠状態に入っても意識は当然あり、判断力もあります。顕在は眠っておりません。催眠状態は心理学上、トランスまたは変革意識の状態と言い、人間は日に何度もこの状態に陥っていると言います。例えば、読書をしていたら何時間も経過していて、何かに集中している時もいわゆる催眠状態なのです。この催眠状態を利用する治療法が催眠療法です。これは顕在を保ち、催眠へ誘導する事により、心身共にリラックス状態に導いて閉鎖された潜在の扉を開き、問いかけていく心理療法です。催眠療法で潜在の中にある記憶がどんな風に、またどんな状況でどのような影響を与えるのかをご自身で理解して頂く治療法になります。